【要チェック】夏のUSJに注意すべき服装のポイントをまとめてみた

ども!トラベールです!

夏は特にテーマパークなどに行きたくなる季節です!

夏本番を迎える前に、USJへ行く際のおすすめの服装について記事にまとめてみました!

スポンサーリンク

優先すべきは実用性!

どうせUSJに行くのであれば、しっかりオシャレをして楽しみたいところではありますが、そればかりに気を取られるのも本末転倒になってしまいます。

テーマパークは、様々なアトラクションやショー、食事を楽しむために多く動きます。

そして、時にはショー待ちで地面に座ることもあるでしょう。

 

そんな中、デザイン性も値段も高いおしゃれな服を着ていったらどうなるでしょうか?

・・・動きずらかったり汚れを気にしたり、中々思うように動けないことでしょう。

 

何のためにUSJに行くか?
パークの雰囲気やアトラクションを最大限満喫するためですよね♪

 

USJにファッションショーに行くわけではないので、おしゃれは程々に、動きやすくて実用的な服装に心掛けるようにしましょう!

その中で、いかにおしゃれポイントを取り入れれるかが勝負です♪

以下で、ポイントをまとめていきますね!

足元は○○!

買い物に行くときなんかは、ヒールの高い靴を履いていてもいいですが、こういうところにヒールは不向きです!

マメも出来やすいですし、何より疲れやすくなってしまいます。

特にUSJやディズニーのような広い敷地をたくさん移動するようなテーマパークは厳しいですよね。

 

なので、足元はスニーカーにしましょう!

 

できればサンダル系も避けた方がいいですね。

理由はヒールと同様、足が疲れやすくなるから。

開放感がある半面、すぐに足が疲れてしまっては十分満喫出来なくなってしまいますからね。

着替え、羽織はなるべく持っていく!

USJは海沿いにあるため、夕方から夜に駆けては風が強くなり気温が下がってくる傾向が強いです。

真夏であったとしても、若干肌寒く感じることがあるかもしれません。

 

ということで、シャツなどの何か1枚羽織れる服を持って行くようにしましょう!

最近では、シャツを腰に巻いたり方からかけてプロデューサーっぽくしたり(最近はあんみないかな?)、色々とアレンジが出来るので、オシャレにも効果を発揮すると思います♪

 

また、汗をかいたりアトラクションで濡れたりということも十分あるので、着替えもあった方が良いです!

特に、小さいお子さんがみえる方は必ず用意しましょう!

汗をかいたままにしておくと、あせもや肌荒れの原因になってしまいますからね。

こんな素材の服は避ける!

ウォーターワールド、ジュラシックパークなどの濡れる系アトラクションがあるUSJ。

また夏なので大量に汗をかくことも想定されます。

 

なので、デニム素材の服は避けた方がベターです。

理由は、

  • 熱い
  • 乾きにくい
  • 蒸れる

です。

特に厄介なのが「乾きにくい」ところ。

1回濡れると気持ち悪い状態が長く続きますからね↓

デニム生地のショートパンツとかならまだいいと思いますが、ジーパンなどは避けるようにしましょう!

例えばこんな格好がおすすめ!

ということで、こんな格好がオススメ!っていうような服装を載せてみます!

 

・・・って、去年USJに行ったときの私の服装ですw

動きやすさ重視で、なるべくおしゃれになるように考えてみました。

めちゃくちゃシンプルですが・・・シンプルイズベストということで大目に見てください。

ファッション雑誌なども参考にしても良いと思います。

ベストな服装でお出かけできるように楽しみながら考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

USJの夏の服装で注意すべきポイントは、

  • 実用性重視
  • 足元注意
  • 羽織を持って行く

です!

ディズニーや富士急などのテーマパークにも共通のことがいえると思うので、合わせてチェックしていきましょう♪

・夏の東京ディズニーランドは服装注意!○○は絶対NG!

・夏のディズニーシーにおすすめの服装は?注意点もまとめてみた!

 

・最初の見出しに戻る

コメント