【服装注意】USJの濡れるアトラクション攻略情報

USJと言えば「濡れるアトラクション」の種類が多いことが特徴の一つではないでしょうか?

でも、思いっきり濡れてもいい!なんていう人は少ないのでは?!

今回は、USJの濡れるアトラクションをピックアップし、その攻略についてまとめてみました!

スポンサーリンク

USJで濡れるアトラクションは3つ

USJで濡れるアトラクションは、

・ジュラシック・パーク・ザ・ライド

・ジョーズ

・ウォーターワールド

の3つです。

 

これらに行くときは濡れることを覚悟していきましょう。

濡れたい方はいいのですが、濡れたくない方はちゃんと準備をしていく必要があります。

 

それが「ポンチョ(レインコート)」の用意。

パーク内のショップでも販売していますし、ジョーズとジュラシックパークの側には、写真の様なポンチョ自販機が設置されていますので、購入していきましょう。

これらのアトラクションは、席によっては濡れるもの、どこに座っても濡れるもの、頭から濡れるものなど、三者三様の濡れ方がありますので、一つ一つポイントをチェックすることが大切です。

ジョーズの濡れるポイント

ジョーズは、ガイドと一緒に船に乗って迫りくるサメ(ジョーズ)をやっつける内容のライドアトラクションです。

これは、そんなに激しいアトラクションではないですが、船の端に座った場合は濡れる可能性があります。

ジョーズが現れたりするシーンなどでは結構船が揺れたり波が起きたり、しぶきが飛んだりしますから。

ただ、全身びしょ濡れということはないです。

どうしても気になる人はポンチョをかぶるといいでしょう。

このアトラクション、水よりも炎の方が熱かったりするわけで・・・w

ジュラシック・パーク・ザ・ライドの濡れるポイント

ジュラシックパークは、ディズニーランドでいうところのスプラッシュマウンテンのようなアトラクションです。

水が張り巡らされたコースを進んでいき、最後に落ちるところで大量に水しぶきが上がり、濡れます。

 

このアトラクション、どこに座っても濡れると思ってください。

 

むしろ、乗るときにすでに座席が濡れていますw

稀に濡れないこともありますが、たまたまです。

乗るときはポンチョ必須です!

参考までに、ジュラシックパークの動画を載せておきますね!

ウォーターワールドの濡れるポイント

これは、ショーアトラクションになります。

水上基地が再現されたところで、キャストが水上バイクなどでスタントをしてくれます。

 

このアトラクションは、スタンドの座る席ですべてが決まります。

濡れたくなければ スタンドの後ろの方に座ってください。

 

一番前に座ると、キャストに水かけれらたり水上バイクの煽りで水が飛んできたりします。

キャストがバケツに水を入れてかけてくるのですが、これは「水をかけてほしい」と手を挙げた人のところにいく感じです。

まぁ、勝手に水かけて苦情になったらたいへんですからねw

・【必見!】子連れ家族のUSJ攻略法

スポンサーリンク

まとめ

濡れるアトラクションは

・ジュラシック・パーク・ザ・ライド

・ジョーズ

・ウォーターワールド

の3つ。

それぞれ濡れるポイントがあるので押さえましょう。

全部人気のあるアトラクションなので、乗りたいところなんですけどね。

家族連れの方などは、こちらの記事も参考にしながら計画を立ててみてくださいね。

コメント