夏の海は要注意!出くわすとやばい海の危険生物まとめ【海水浴編】

ども!トラベールです!

もうしばらくすると日本各地の海で海開きがされますね!

暑い季節、海水浴を楽しみにしているお子さんもいえるのではないでしょうか♪

ただ、海には絶対に触れてはいけない超危険生物がいることはご存知ですか?

それらは、海水浴を楽しむ海岸にもやってくる可能性があります。

今回はそんな海に潜む危険生物についてまとめてみました!

スポンサーリンク

出くわすとやばい!危険生物

海には普段みなれない生物がたくさんいます。

「この貝食べれそうだから、持って行って家で食べよう」

なんてパターンで、毎年食中毒などで何人もの方が命を落としています。

また、最近は温暖化の影響により、以前は南海でしか見られなかった危険な海洋生物も北上している傾向があります!

今回は、浅瀬にも現れる可能性のある生物をいくつかピックアップしてみます。

ウミヘビ


毒性が極めて強く、陸上の蛇よりの数倍とのこと。
こちらから捕まえたりしなければ、めったに危害は加えられないそう。
見つけても面白がって捕まえないように!

ガンガゼ


長いトゲが特徴のウニににた生き物。
トゲに毒を持ち、刺されると長時間痛みが持続する。
また、トゲが折れると体内に残り勝手に出てくることはない。

アカエイ


浅瀬の砂に潜って隠れているので大変分かりずらい。
尾に強力な毒針を持ち、毒針は釣り針のような「返し」を持っている。
毎年アカエイに刺されて死亡するケースがニュースになるほど。
アカエイに刺されると全身に激痛が走り、吐き気、呼吸困難に陥る。

ヒョウモンダコ


ヒョウ柄の模様がついたタコ。
唾液にフグ毒と同様の成分、テトロドトキシンを持つ。
噛まれたら最後、吐き気、呼吸困難などのショック症状を起こし、最悪、死に
至るケースもある。

ウツボ


特徴はその強いアゴ!人間の指くらいなら一発で噛み切られるそう。
普段は岩と岩の間などに隠れていることが多く、そういったところに
うかつに手を突っ込むのは危険!

カツオノエボシ


青色をしたクラゲ。
長い触手が特徴で、最大10数メートルになるものもあるとか。
刺されると、全身に電気が走るよな痛みに襲われる。
最悪、死に至る場合もある。

アカクラゲ


赤色をしたクラゲ。
刺されるとミミズ腫れになり、激しい炎症を起こす。

 

これらが代表的な危険生物で、注意が必要です!

 

これらの生物を見つけた場合は、

  • 見つけたりしても興味本位で近づかない
  • 手に取ったりしない
  • すぐ逃げる

ようにしましょう!

一番注意すべき危険生物は○○

経験上、海水浴をする上で一番注意が必要な生物は、

 

クラゲ

 

です。

8月に入るとクラゲが大量に発生し、毎年何人もの海水浴客が刺されています。

さらに、海の中では見つけにくいため、刺されて初めて分かるケースが多いです!

 

特に注意が必要なのが「カツオノエボシ」。通称、エボシクラゲと言われるものです。

青色をしているため、比較的見つけやすいものの、見えた時には触手のテリトリー内というのがほとんどです。

というのも、カツオノエボシの触手は長い物で10m以上あるからです。

こいつを見つけたら、全速力で逃げましょう!

万が一被害にあった場合

「危険生物には注意してください!」

と言われても、気づいたら被害にあっている場合もあります。

誰だってそんな生物に会いたくてあってるわけじゃないですしね(笑)

どうしようもなく被害にあってしまった場合は、以下のことに注意し、迅速に対応しましょう!

海水浴場のスタッフを呼ぶ

多くの海水浴場は「ライフセイバー」がいます。
彼らは、不測の事態を想定し訓練しているので、彼らを呼ぶことにしましょう!

応急処置をする

例えば、クラゲに刺されたりした場合は、こすらず、流水で毒針を洗い流したりします。
これらの応急処置が行えるだけでも大違い。
ライフセーバーも一定の知識があるはずなので、頼りましょう!

病院に連れて行く

アカエイやヒョウモンダコなど、呼吸器系に作用する毒をもつ生物にかまれた場合は、病院です!
一刻を争う場合は救急車を!

スポンサーリンク

まとめ

せっかくの楽しい海水浴も、危険生物のせいで辛い思いでに・・・

なんてことのないように、しっかりとチェックして被害が出ないようにしましょう!

ここで紹介した危険な海洋生物は、海水浴だけではなくサーフィンや潮干狩りを楽しむ場合でも十分目撃の可能性がありますのでご注意を!

家族連れで海に行くときはこちらの記事でまとめた内容に注意していくようにしましょう!

子供の安全第一!子連れ家族の海での注意点を4つまとめてみた!

コメント