水分不足で起こる頭痛の原因は?外出時でもできる対処法を3つ考えてみた

ども!トラベールです!

暑くなると大量に汗をかくため、水分不足になりやすいのはもちろんですが、それによる頭痛で頭を悩ませる方も多いと思います。

頭痛持ちの方にとっては夏は中々辛い季節ですよね。

かくいう私も偏頭痛持ちなので、夏は頭痛との戦いになります(TT)

今回は、水分不足から引き起こされる頭痛の原因と対処法について記事にまとめてみました。

スポンサーリンク

原因は血液の巡りからくる血管の拡張

水分不足からくる頭痛の原因は以下のような流れが原因です。

 

  • 人間は体温が上がってくると汗をかき、それによって体温調整を行おうとする。
  • 汗をかくと水分が体外に排出されるため、体内の水分はその分減少する。
  • すると、血液中の水分量も減ることになるため、流れが普段よりも悪くなる。
  • いつものように血液が回っていないと感じるようになり、いつも通り血液を流そうと血管を拡張し始める。
  • 拡張した血管が神経を刺激し、頭痛になる。

 

よく、「脈打つたびにズキズキする」っていうのはそのためですね。

心臓が鼓動するたびにズキズキするのは中々辛いです(><)

さらに夏は気温も高くなるため、頭が日差しで熱せられることから、ダブルパンチで頭痛になりやすい状況です。

以下に、外出先でも出来る対処法を3つまとめてみましたのでご参考にしてみてください!

対処法1:すぐに水分補給し、安静にする

誰でも分かりますよね(笑)

「ちょっと頭が痛いな」と思ったらすぐに水分補給をし、日陰なので少し休むようにしましょう。

 

この時の注意点は、

  • ジュースやコーヒーなどの利尿作用が高い物はさける
  • 飲む量に注意する

です。

 

夏の外出時は要注意!水分不足と頭痛を解消する3つのポイントは?

 

出来れば、水か電解質(ナトリウムなど)を含む飲料がいいと思います。

あとはミネラルを含む麦茶なんかもおすすめですね♪

水などをあんまり飲みすぎると、体内の塩分が薄まってしまうのを避けるため、体が水分を吸収しなくなるようです。

大体、コップ1杯くらいが適量になるので、量には注意しましょう。

対処法2:○○と○○のツボを刺激する

頭痛に効く代表的なツボがあります。

それは、

 

天柱風地

 

というツボです。

(出典:zyoseinonayami.com)

 

ここを、ゆっくり30秒くらいかけて気持ちいいくらいの強さで刺激してみましょう。

ここ刺激すると、筋肉が緩和されて血流が良くなるようです。

ツボを刺激と一気に治る!というわけではないですが、症状がかなり緩和されるように感じます!

外出先でも簡単に出来るのでいいですよ♪

その他にも、片頭痛の方は耳の後ろにあるツボ(完骨、天容)が効くようです!

私は片頭痛持ちなので、しょっちゅう押してます(笑)

対処法3:ストレッチ、マッサージをする

頭痛は、血流の流れを良くしてやれば収まることが多いです。

特に、首や肩周辺の筋肉が固まっていると血流が悪くなりやすいので、ストレッチやマッサージでほぐしてあげましょう♪

自分で肩を軽く揉んだり、体育の時間でやるようなストレッチをするだけでも、十分違ってくると思いますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

外出先でも出来る水分不足による頭痛の対処法は、

  • 水分補給、休憩
  • ツボ押し
  • ストレッチ、マッサージ

がポイントです。

これらの順番で一通りすべてこなせると効果的だと思います!ぜひ試してみてください♪

コメント