スノーボード初心者必見!岐阜県のおすすめゲレンデ5選

今年もついにスノーボードシーズンがやってきましたね。

私は東海地方に住んでいるのですが、よくいくスキー場はやはり岐阜県!

岐阜県にはゲレンデが多くあり、中国地方・関西地方などからも来ている方がみえます。

岐阜のゲレンデは、コースの幅が広くて滑りやすいところも多く、家族連れの方から上級者まで、幅広い客層に人気です。

今回は、初心者や家族連れも安心して行ける岐阜のゲレンデを5つ紹介し、合わせてゲレンデを選ぶポイントなんかもまとめていきます。

スポンサーリンク

岐阜県でおすすめなゲレンデ5選はこちら!

岐阜のゲレンデのメインは、「奥美濃」と呼ばれる、岐阜県の真ん中~北側のエリアになります。

「東海北陸自動車道」が愛知県から石川県まで伸びており、その付近の山にゲレンデがあるため、交通の便もいいです。

そのため、関西方面からもアクセスしやすく「なにわ」「兵庫」「京都」ナンバーの車が本当に多いです。

このエリアが人気な理由も納得できます。

ということで、早速初心者にもおすすめな岐阜のゲレンデをみていきましょう!

おすすめ①:めいほうスキー場

URL http://www.meihoski.co.jp/

 

私が一番通いつめたゲレンデがここです!

大学生の時は大概ここにいってました。

 

ここの特徴は、コースの幅が広いため初心者の方も多く、滑りやすいです。

さらに、色々なアイテム(ボックス、キッカー、レール)があったり、スノーパークもあるので中~上級者の方もしっかりと楽しめます!

ただ、土日や連休は家族連れの方も多く、ごった返すこともありえるので、ガツガツ滑りたい方は日にちを考えて行くことをおすすめします。

おすすめ②:ウィングヒルズ白鳥リゾート

URL http://winghills.net/

 

大学生の頃、通いつめたゲレンデNo.2がここですw

大きな特徴は、山頂までのゴンドラがあること。
「リフトの乗り降りが苦手」という方には大変ナイスな乗り物ですよね。

 

また、ゲレンデに隣にある天然温泉「満天の湯」で、ボードを楽しんだ後に疲れを取るのがたまらなく気持ちいいです!

コース自体は、所々にあるギャップでジャンプできたり、個人的にはおもしろいコースですね。

初めてスノーボードをやられる方は、少しキッズパークで覚えてから上までいきましょう!

おすすめ③:鷲ヶ岳スキー場

URL http://ski.washigatake.jp/index.html

 

ここのゲレンデは、なんといっても交通の便の良さがいいです。

東海北陸自動車道の「高鷲IC」から車で10分くらい!

山道を走る煩わしさも最小限に抑えることができますね。

初心者から上級者まで楽しめるようコース設計されており、幅広く人気があります!

おすすめ④:ダイナランド

URL http://www.dynaland.co.jp/

 

奥美濃といえばダイナランド!

という方もみえるかもしれないくらいメジャーなゲレンデです。

隣接している「高鷲スノーパーク」との共通券にあるのもおいしいところ!

私が初めてスノーボードを経験したゲレンデです。

初めてでいきなり山頂に連れてかれ、死にそうになりながら滑った記憶が・・・w

 

ここは比較的技術レベルの高い方が多いです。

キッズルームなどの施設面では申し分ないんですが、滑るのにちょっと気を遣ってしまうかもしれないです。

一緒に経験者の方を連れて行って教えてもらいながら滑ると安心でしょう。

おすすめ⑤:スノーウェーブパーク白鳥高原

URL http://www.siratori-k.jp/swp/

 

ここのゲレンデは、私は穴場だと思っています。

コースも滑りやすく、おもしろいアイテムなどもあるのですが、意外と空いていることが多いです。

隣がウイングヒルズ白鳥リゾートになりますから、その兼ね合いかもしれないです。

もちろん、土日祝日は混むこともあるので、必ず空いているわけではないです。

ただ、空いている可能性が高い方が初心者の方でも思いきり練習できますよね♪

初心者や家族連れがゲレンデを選ぶ時に押さえるポイントは?

スノーボードを初めてやる方がなりがちなのは、

上手い人の邪魔にならないか

・文句を言われたらどうしよう

・何となく申し訳ない持ちになる

という気持ちになってしまいやすいこと。

 

自分が初心者の時もそうでした。

実際は、普通に練習していれば何も文句は言われませんし、上手い人はよけてくれます。

というか、上手い人も初心者の時代があったわけですから、その辺の気持ちは分かってもらいたいところですよね。

・・・と頭では分かりつつも、心のどこかでは不安に感じているはず。

 

こういった感情を少しでも無くして、スノーボードを思い切り楽しむために押さえたいポイントは、

コースの幅が広いゲレンデを選ぶ

・初心者の方が多いゲレンデや、スクールが充実しているところにする

・傾斜が緩やかなコースが多いところ

・キッズルームなどの施設が完備されているところ

などです。

 

ポイントは「いかに楽しめるか」ということ。

初心者や家族連れの方でも楽しむにはどうしたらいいか?を考えたいですね。

せっかく行ったのにつまらなくては意味がありませんから↓

こういったスキー場をネットで調べたり、知り合いに聞いたりするなどして情報収集してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

12月も下旬にさしかかり、気温も徐々に下がってきています。

もう少しすれば雪も降り出し、良い状態でスノーボードを楽しめると思います!

ウィンタースポーツは楽しいです♪

せっかくゲレンデに行くなら思いっきり満喫したいですよね!

最初は、「難しい」「おしりが痛い」などがありますが、めげずに楽しんでいきましょう!

・子連れ家族の持ち物に関する記事はこちらから!

・初心者におすすめなゲレンデ~関西編~

トラベール
岐阜県のスキー場はアクセスしやすいところも多いし、幅広い人に楽しんでもらえるよう工夫されている場所も多いからおすすめだよ!ぜひチェックしてみてね♪

コメント