【その症状はまさか】紫外線による湿疹?原因と対処法をまとめてみた

こんにちは!トラベールです!

もう既に気になっている方もみえると思いますが、夏にかけて厳しくなってくるのが紫外線。

「日焼け」はその紫外線を浴びることによって起こる代表的な症状です。

色が白い人は日焼けをした後に肌が真っ赤になることもあると思います。

でもそれって本当に日焼けだけの症状でしょうか?湿疹などは出ていませんか?

それ、もしかしたら「日光過剰症」かもしれませんよ。

今回は、その情報について記事にまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

日光過剰症は「日光皮膚炎」の一種

夏のプールや海に行った後、

 

「日焼けしてめっちゃ背中が痛い」

「日焼けが痛すぎて長ズボンが履けない」

 

っていうことになった人も多いのではないでしょうか?

 

この「日焼け」という現象、読んで字のごとく、肌が日光によって「焼けている」症状です。

でも焼けているのに色は黒くなりませんよね(最終的にはなる人が多いですが・・・)?

 

日焼け直後は真っ赤になるはず。

そう、ここでいう「焼けている」は「真っ赤になる」=「炎症している」という意味です。

この延焼している状態を「日光皮膚炎」といいます。

 

そして最近増えているのが、

 

「日光に当たると湿疹が出て痒い」

「水ぶくれができる」

 

という症状。

これは、日光湿疹いわれています。

私もなったことがありますが、心当たりも無いところにいきなり湿疹が出来るのでビックリします。

また、見た目にもちょっと気持ち悪い・・・www

原因や対処法は一体何なんでしょうか?

原因は・・・?!

日光湿疹について色々と調べてみたのですが、

これだ!という原因ははっきりしていないようです。

 

これが原因ではないか?と言われているのは、

  • 紫外線の影響(UVB)
  • 内服薬や外用薬の影響
  • 食べ物(果物等)の影響
  • ホルモンの影響

が濃厚のようです。

一番の原因は、肌に悪影響を及ぼすと言われているUVB。

 

この紫外線の作用が、外用薬を塗っていた場所(湿布貼ってたとか)に反応したり、レモン、ライム、いちじくといった柑橘系の果物を過剰摂取しても反応したりするそうです(果物の光毒性というらしい)

 

日光湿疹がでるとかなり痒く、傷が治りかけの痒みがしばらく続くとか。

こうならないためにも、しっかりとした対策が必要ですね!

対処法はシンプル!

日光湿疹の対策はいたってシンプル。

 

紫外線を浴びない工夫をすればいいわけです!

 

柑橘系の果物を全く取らないとかは中々難しいですからねぇ…

なので、

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘、サングラス、帽子を使う
  • 紫外線の多い時間帯(10時~2時くらい)は外出を避ける
  • UVケア用のスマホアプリを取ってチェックする

などなど、色々な対策があります。

 

大人はもちろんのこと、小さいお子さんが見える方は、子供用の日焼け止めを用意してしっかり対策してあげましょう!

 

万が一、日光湿疹の症状が出てしまった場合は、

  • 炎症部分を濡れタオルやアイスパックをタオルで包んだりして冷やす
  • 市販薬を塗る
  • 程度によっては病院へ

等の対処を取りましょう。

市販薬を塗る場合は、かゆみ止めの塗り薬で十分対応可能かと思いますが、「非ステロイド性抗炎症剤」のものにしましょう。

この辺は、薬局の薬剤師さんに聞けば教えてくれるはずですので、確認してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

これからの季節、一気に増えてくる紫外線の影響。

日光皮膚炎や日光湿疹になる前にしっかりとケアしましょう!

また、紫外線と合わせって暑さ対策も必要になってくる時期なので、注意しましょう!

夏の東京ディズニーランドですべき子供の暑さ対策のススメ

夏を乗り切る!妊婦の暑さ対策で注意すべき5つのこととは?

コメント