夏のUSJを快適に過ごすための必須な持ち物はこれだ!

ども!トラベールです!

あと1ヶ月もすれば夏本番!

色んな意味で激熱な時期に突入します♪

お出かけするときは何処に行くにも暑いので、暑さ対策は必須になります!

今回は、USJに行く際に少しでも快適に過ごすべく、持って行くべき持ち物を記事にまとめたいと思います!

スポンサーリンク

ディズニーよりUSJの方が暑い?!

一般的に、日本の東側より西側の方が暑いと言われています。

特に大阪は、

●北東西が山に囲まれているため熱が逃げにくい

●南は大阪湾に面しているが、近隣の都市化により風が入りにくい

●都市化によるヒートアイランド現象

というような事情から、真夏はえぐい暑さになりがちです。

35度超えもあり、裸足でアスファルトにのると火傷するレベルです↓

関東でも同じく暑いですが、関西よりも北に位置しているのと、関東平野が広大なため風通りがまだマシなので、関西よりは涼しい傾向があります。

ということで、ディズニーよりもUSJの方が暑いといえます!

・・・まぁどっちも激暑なのは変わらないですが(笑)

なので、ちゃんと暑さ対策しないとすぐに熱中症になります。

必ず暑さ対策グッズは持って行くようにしましょう!

・夏のUSJの服装で注意すべき点とは?

これだけは必ず持って行こう!

USJに行くとき、以下のアイテムは必ず持って行くことをオススメします!

●タオル

●着替え

●日焼け止め

●日傘

●ティッシュ

●冷却アイテム(首や顔を冷やせるもの)

●凍らせた水(グレーゾーン

●塩飴的なやつ(グレーゾーン)

これらはあった方がいいでしょう。

USJは濡れるアトラクションも多いですしね。

 

「凍らせた水」や「塩飴的なやつ」は持ち込めるかどうか微妙なラインです。

まぁよっぽど大丈夫だと思いますが・・・こちらの関連記事なども参考にしてみてください!

・USJの持ち込は飲み物もNG?どこまでOKか調べてみた

子供には十分な対策を!

夏の暑さで大人よりも被害を受けるのが子供

理由は、

●照り返しの影響をモロにうける

●身長が低いため、体感温度が大人よりも高い

●元々、平均体温が高い

などがあげられます。

気付いた時には既に手遅れ・・・なんてことになったら大変です。注意しておきましょう!

具体的な対策は、

●こまめに汗を拭く

●こまめに水分補給させる

●冷却アイテムを利用する

などがあげられます。

特に、ベビーカーを利用する場合には日よけや冷却シートを利用して、効果的に暑さ対策しましょう!

・赤ちゃんを守る!外出時に持っておくべき熱中症対策グッズ

スポンサーリンク

まとめ

夏のUSJは本当に暑いです!

蒸し暑さに加えて太陽の日差しがやばいです・・・

どうしてもコンクリートが多くなりますし、照り返しの熱もかなりエグいので↓

しっかりと暑さ対策をしないと、最悪の場合病院へ運ばれることにもなりかねませんので、必ず何かしらの対策はしていくようにしましょう。

コメント