【ガクブル怖い】富士急ハイランドのお化け屋敷を攻略!混雑回避ポイントは?

こんにちは、トラベールです。

富士急ハイランド言えば誰もが知っているお化け屋敷、「最恐戦慄迷宮」。

めっちゃ怖いと話題になり、知らない人はいないくらいメジャーです!

今回は、そんな「最恐戦慄迷宮」の怖いポイントや混雑攻略情報を記事にしたいと思います!

ネタバレは最小限に抑えていきたいと思いますが、多少はあるかも・・・

スポンサーリンク

設定、所要時間の長さともにまさに最恐!

さすが富士急とも呼べるべきでしょう。

40年以上前に廃業となった総合病院をテーマとしている当アトラクションは、

・匂い
・使用されている道具
・リアル感
・設定

など、細部に渡るまで徹底的に作りこまれています。

特にすごいのが「匂い」

施設内に入った瞬間に、あの病院独特な消毒液の匂いが鼻をつきます。
あれがしばらく鼻から離れないんですよねーwww

待合室で待つことになりますが、イスなども病院にあるものそのままって感じです。

他にも、実際に徘徊するときに設置されている手術台やピンセット等の小道具も、本物の医療器具を使用している徹底ぶり!

そして、歩行距離900m、所要時間60分という長さがあるので、簡単にはこのアトラクションからデレマテン・・・

視覚、聴覚、臭覚・・・5感が刺激されまくってガクブルしまくりです。

どうしても無理な場合は○○を利用する!

実際に迷宮内に入ってみると、前の団体の悲鳴などが聞こえてきて一層怖さが増します。

さらに、毎回おどかすポイントが違うので、どこでお化けが出てくるかわからないしwww

・・・となると、必ず出てくるのがリタイヤ希望者

怖すぎて動けなくなってしまう人も意外と多くいます。

そんな時は無理せず、リタイヤ専用出口から出ましょう。

迷宮内には、こういった出口が8箇所くらいあるそうです。

ただ、場所はお化け役の人しか知りません。

なので、お化けが来た時に「リタイヤします」っていいましょう。

そうすると、リタイヤ専用出口まで案内してもらえます。

僕の友人がリタイヤした時もすぐに案内してもらってました。

・中央道VS東名、富士急へのアクセスはどっちがいいの?

お化け屋敷の混雑回避のポイントとは?

このアトラクションですが、全国的にも有名なのでめっちゃ混んでることが多いです。

土日祝日や連休に行けば、90分以上は待つ確率がかなり高いです。

しかも、室内のアトラクションなので雨の日なんかは一層混雑します。

できる限り混雑を回避したい・・・という方は、

①繁忙期を外していく
②絶叫優先券を手に入れる

を意識してみてください。

まず「繁忙期を外していく」ですが、夏休み、冬休み、春休み、GWなどは非常に混雑が予想されます。

そうなると、待ち時間も当然伸びます。

なので、このような時期を外して行くようにするのがおすすめです。

狙い目としては、梅雨時期の6月や真冬の2月辺りですね。

会社員の方は、有給などを上手に使っていくといいです。

それでもどうしても厳しい・・・・そんな方におすすめしたいのが絶叫優先券です。

これを購入することをおすすめします。

1000円で1アトラクション1回、1時間ごとの時間指定券を購入できます。

少々高めですが、どうしても乗りたい場合はこれを利用しましょう。

ディズニーのファストパスと似たような感じですが、絶叫がメインの富士急ハイランドでは、これを使わない手はないと思います。

時間指定をされているので、そこを外さなければ、他のアトラクションも計画的に楽しむことが出来ます。

・富士急ハイランドの雨の日の楽しみ方はこちらから

スポンサーリンク

まとめ

最恐戦慄迷宮は、

・リアル感
・設定
・匂い

などで5感がフルに刺激され、ガクブルしまくりになります。

混雑が予想される場合は「絶叫優先券」を購入するなどして混雑回避の工夫をしていきましょう。

なお、こちらの記事では富士急ハイランドの絶叫アトラクションについてランキングしていますので、ご参考にしてください。

トラベール
トラベール

富士急のお化け屋敷は文字通り、戦慄で・・・臭い、空気感、リアリティどれをとっても確実に怖いよ。僕も2回ぐらいちびりそうになっちゃったし↓行く人は腹くくってから行くようにしてね!

・富士急ハイランドの絶叫アトラクションランキングbest5

コメント