【混雑回避】東山動物園の駐車場利用時におさえるべき2つの点

そろそろ春も近づいてきてお出かけ気分になってきた方も多いのではないでしょうか?

 

小さいお子さんやカップルなんかにも人気があるのが「動物園」。人気の動物園はいついっても混んでいて、駐車場に停めれないなんてこともしばしば・・・

 

今回は、私の地元の有名な「東山動物園」の駐車場の混雑回避ポイントを記事にしてみました。

スポンサーリンク

週末や連休は予想以上に混みます!

 

東山動物園は全国的にも大変有名な動物園で、土日や連休はこれでもかってくらい人がいます!

 

遠方の方であれば、公共交通機関を利用するでしょうが、車でこれる距離の方は、荷物も多いですし車を利用しますよね。

 

天気の良い週末や連休などは、朝9時くらいから動物園近隣道路が渋滞しはじめます。

 

ドツボにはまると、9時前についても中に入れるのは10時くらい・・・なんてことも考えられます。

 

まずはこのことを頭に入れておきましょう!

 

その上で、混雑回避をすべくポイントをまとめます。

 

ポイント①近隣の駐車場に停めたければ○○分前には着くように!

東山動物園の駐車場は、全部で1600台駐車可能です。

 

さらに、動物園周辺にはいくつか駐車場があります。

 

ただ、やはり動物園から近くの駐車場は混みますよね。

 

特に、

  • 正門前駐車場
  • 北門前駐車場
  • スカイタワー前駐車場

は悲惨なくらい混みます。

 

なので、ここに駐車したい場合は、駐車場が開く時間の20~30分早く着くくらいの気持ちでいくようにしてください!

 

へたすると、30分前についても開園待ちの渋滞ができてるかもしれないです。

 

利用時間は8時45分から17時です。

 

私は依然、9時過ぎくらいに動物園周辺にいったところ、駐車場渋滞に巻き込まれて、結局園内に入れたのが10時半くらい・・・・という経験をしたことがあります。

 

ほんと、早すぎるくらいでちょうどいいです!

 

渋滞してなかったら、それはそれでラッキーですしね♪

 

>>東山動物園のコアラを見るための注意点!

ポイント②池下駐車場を利用する

もう一つは、「車+地下鉄」を利用するパターン。

 

東山動物園は、名古屋市営地下鉄東山線の沿線に位置しており、名古屋駅から利用しても、20分かからないくらいで到着します。

 

池下駐車場とは、同じく地下鉄東山線の「池下駅」の地下にある駐車場です。

 

ここに車を停めて、地下鉄で行っても片道200円、3区間なので10分くらいで到着します。

 

さらに、ここの駐車場を利用して動物園の正門案内所北園門前案内所星ヶ丘門の3か所で駐車券を提示すると、2時間の駐車場無料券がもらえます

 

利用料金は1時間400円なので、800円分は無料で停めれます。

 

若干割高になってしまうかもですが、混雑回避のためには利用すべきといえます。

スポンサーリンク

まとめ

人気スポットなので、天気の良い週末なんかはかなり混みます!

事前に駐車場の場所などをしっかりとチェックして、早め早めに行動していくように心がけたいですね♪

・東山動物園のおすすめ食事スポットはここ!

コメント