冬のディズニーシーは服装が命!アレが大活躍?

冬のディズニーは寒いことで有名!

場所も場所ですし、まわりに風をさえぎるような建物も特に無いですからね。

実際、私も一昨年の年末に訪れた時、寒さに苦しめられました↓

そこで感じたことは、○○が大活躍するということ!まさに、服装が命です!

スポンサーリンク

インナーにアレが欠かせない!

冬のディズニーは、意外と天気が良い日も多いのですが、いかんせん風が強いことが多いんです。

 

私が冬ディズニーにしていく格好は、

・アウター → ダウン

・インナー → シャツ、長袖のヒートテック・ヒートテックタイツ

・靴下   → 裏地が毛のあったかいやつ

・その他  → ネックウォーマー、腹巻き、貼るホッカイロ×2

という感じで、完全防備で行くことが多いですね。

 

この中で大活躍するアイテムが、ユニクロのヒートテック。

インナーにヒートテックを着て上からニットなどを切るだけで、かなりの防寒対策になります。

さらに、ヒートテックは汗を吸収して発熱するシステム。

真冬のディズニーシーとはいえ、歩けば少しくらい汗かきますよね。

これが良い感じで発熱してくれるので、体温調整もしやすいんです。

 

もう一つ良い点は、着ぶくれしないこと!

インナーに一枚着てしまえば十分効果を発揮するかと思いますので、シャツやセーターを何枚も重ね着せずに済むかと思います。

まさに、冬のディズニーシーには必須アイテムといえます。

ポイントは「隙間を無くす」こと!

「すきま風」

これが一番のネックです。ここでいう「すきま風」とは、服の隙間から体に入ってくる風のこと。

 

良く風が入りがちなのが、お腹。ここをいかにケアできるかで体の冷え方が変わってきます。

ということで、首にはネックウォーマー、お腹には腹巻きをして完全シャットダウンしました!

腹巻きは、あんまり分厚い物をするとモコモコなるので、なるべく薄手の物を選ぶようにしましょう!逆にネックウォーマーは、スキーやスノーボードの時に使うような、フリース地の物などが良いと思います。

小さいお子さんにもしっかりと防寒具を!

大人はもちろんのこと、小さいお子さんもしっかり暖かい格好をしてあげてください。

インナーにはタイツやニット地のパンツ、腹巻などが必要に応じて着させてあげましょう!アウターはダウンでもあれば十分かと思います!

最近は、子供用の防寒具も昔よりは品数が豊富になってきていますので、子供服の店舗に行けば十分見つかりますよね♪

子供は大人よりも体温が高いので、寒くても平気なように見えますが、体が小さい分弱いです。

冷えが原因で、途中で体調を崩してしまっては元も子もありませんのでお気を付け下さい。

・子連れ家族のディズニーシー攻略はこれ!

こまめな休憩もいれましょう!

冬のディズニーシーは、思ったより寒くなることもしばしば。

特に夜は、かなり冷え込むことも・・・どれだけ防寒しても、寒くてどうしようもないときもあります。

 

そんな時は、こまめに休憩をはさむのがベストです。

私がよく利用するのは、マーメードラグーンです。

小さいお子さんも楽しめますし、中はとってもあったかいのでゆっくり休めます。

 

マーメイドラグーンは、寒い日はもちろん、雨の日の休憩スポットとしてもかなり重宝します。

同じことを考えている人も多いので込んでいることもありますが、中にいるだけでも休憩はせきますからね。

 

ムリして体調を崩しても、パークを満喫できないですからね。

そこは注意していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

冬のディズニーシーは本当に寒いです。

それでも、寒さを忘れてしまうくらい素敵なひとときを過ごせる場所でもあります。

しっかり防寒対策して、全力で楽しんでいきたいですね!

・一度は行きたい!ディズニーシーの年越し攻略を調べてみた!

トラベール
冬のディズニーシーは薄着で行くと後悔しちゃうよ!寒さ対策は必ずしていこう!

コメント