【必見】子連れのディズニーシーのルート攻略はこれだ!

今回は、子連れの家族必見!ディズニーシーのルート攻略についてまとめてみました!

子連れの方だとどこから回ろうか、何が乗れるのかなどなど、迷ってしまうことが多いと思います。

そういった悩みが少しでも解消するために役に立てばと思います!

スポンサーリンク

小さい子供が乗るのに難しいアトラクション

アトラクションの中にはいくつか制限があるものがあり、その中で一番ネックとなるものが身長制限です。

ディズニーシーで身長制限があるものは、

・インディージョーンズ      117㎝以上
・センター・オブ・ジ・アース    117㎝以上
・レイジング・スピリッツ      117㎝以上
・タワー・オブ・テラー        102㎝以上
・ニモ&フレンズ シーラーダー   90㎝以上
・フライングフィッシュコースター   90㎝以上

などがあります。

コースター系やライド系のちぇっと激しく揺れるようなアトラクションは、身長制限があると思った方がいいですね。

子連れの家族が押さえておきたいアトラクション

続いて、小さい子が楽しめるアトラクションを押さえましょう。

・アリエルのプレイグラウンド
・ディズニーシー・エレクトリック・レールウェイ
・シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
・タートル・トーク
・ヴェネツィアン・ゴンドラ
・ジャスミンのフライングカーペット
・マジックランプシアター
・トイ・ストーリー・マニア
・アクア・トピア
・海底二万マイル
・ブローフィッシュのバルーンレース

これらのアトラクションが対象になります。

この中にはいくつか「ひとり座りができること」といった条件が付いている場合がありますので、しっかり確認するようにしましょう!

モデルコースの例

上記のことから、モデルコースを考えてみました!

小さい子向けの多くは、アラビアンコーストとマーメイドラグーンに集まっていますので、ここが中心になってくることが多いと思います。

ということで、おすすめのコースは、

モデルコース例

①トイ・ストーリー・マニアのファストパスを取る

②ディズニーシー・エレクトリック・レールウェイにのってポートディスカバリーヘ

③アクアトピアに乗る

④ゆっくり歩いてマーメイドラグーンへ

⑤アリエルのプレイグラウンド等を満喫する

⑥そろそろトイ・ストーリー・マニアのファストパス時間か?

⑦ひとしきり満喫したらアラビアンコーストへ

⑧ジャスミンのフライングカーペット等をアトラクション満喫

⑨ミステリアスアイランドで海底2万マイルなどのアトラクションに乗る

⑩メディテレーニアンハーバーでゴンドラ満喫

・・・みたいな感じですかね。

 

このどこかに食事を入れたり、ショーやグリーティングの時間があったり、お土産を買う時間があったりするの思うので、これだけ周るにしても結構いい時間になると思います。

あくまでモデルですが、悩まれる方は参考にしてみてくださいね。

・ディズニーシーのグリーティング攻略方法をまとめてみた

ディズニーシーは移動が大変?!

ディズニーシーは、ランドに比べると移動が大変と言われています!
というのも、

パーク内は意外とアップダウンが多い!

から。
また、もれなく階段も多いというおまけつき↓

ランドよりも歩き疲れやすく、体力の消耗も早いように感じます。

小さいお子さん連れの方やベビーカーを引いている家族連れの方は余計しんどいですよね!

特に階段や坂道が多い所が、

・ミステリアスアイランドの火山の横付近(アメリカンウォーターフロント側)。
・メディティレーニアンハーバーの右サイド。
・ロストリバーデルタ。

などです。

そこでおすすめしたいのが、少しでも体力を温存し、かつアトラクションにも乗れちゃうというもの!

お気づきの方もみえますね!そうです!

エレクトリックレールウェイに乗ること。

私は意外とこれを利用します。

アメリカンウォーターフロントからポートディスカバリー方面に流れる方が多いのですが、結構坂があったりするんですよね。

後半にになるにつれて足がしんどくなってくるので、これに乗ると少しの間でも楽できます。

もっとも、アメリカンウォーターフロント側オンリーになりますが・・・・

少しでも体力の温存を図るために実施してみてくださいね。

・安くて満足できるディズニーシーのランチはどこ?

スポンサーリンク

まとめ

小さい子むけのアトラクションは「マーメイドラグーン」と「アラビアンコースト」に多くあるので、ここは行くようにしましょう。

周り方に悩まれる方は、この記事のモデルコースもご参考に・・・。

あとは、お子さんの大きさによって乗れるアトラクションが違ってくるので、その状況に合わせて周り方を考えていけるといいですね。

また、小さいお子さん連れの方は、こちらも参考になると思います。

トラベール
トラベール

小さいお子さんがいると、違った目線で楽しめるのもディズニーシーのいいところだね!おすすめルートも参考にして楽しい思い出を作ろう♪

・乳幼児OK!子供に人気なディズニーシーのアトラクションは?

コメント