雨が降ると中止になりやすいディズニーシーのアトラクションは?

ども!トラベールです!

雨の日のテーマパークはアトラクションが中止になってしまうことも多く、何かと憂鬱ですよね!

今回は、ディズニーシーで雨の日に中止になりやすいアトラクションを記事にまとめてみました!

スポンサーリンク

どの程度の雨でアトラクションは中止になるか?

これ気になる所ですよね?

「せっかくパークに行ったのに雨でアトラクションに乗れない」となっては辛いですから。

 

ディズニーシーのアトラクションは、よほど強く雨が降らない限り中止にならないそうです。

大雨警報までいったり、真夏の夕立レベルで一気に降ってくるとわからないですが、小雨程度では普通に運転しているみたいです。

 

むしろ、雨の影響よりも風の影響の方が大きいです。

暴風警報はもちろんのこと、強風注意報でも比較的早く中止してしまうことが多いですね。

 

・・・良く考えると、風の影響で万が一の事故が起こる可能性もあるわけですから、この理由には納得できます。

そして、ディズニーシーは海沿いのため、雨と風とがセットになってくる可能性が高いです!

天気予報などでチェックするときは、必ず風の情報もチェックするようにしましょう!

・冬のディズニーシーに意識したい!おすすめの服装はこちらから

 

また、天気チェックと併せて服装や持ち物についても考えることをおすすめします!

特に冬はただでさえ寒いのに、雨が降るとさらに極寒に・・・・

しっかりと対策していきたいところです!

ディズニーシーは○○なアトラクションが多い!

「雨と風が強かったら、ほとんどのアトラクションが乗れない」

と思われる方が多いのではないでしょうか?

 

・・・意外とそんなことないんですよ!

どうしてもアトラクションと聞くと、屋外にある物を想像しがちです(ジェットコースターとかインパクト強いですから)。

が、ディズニーシーは室内で楽しめるアトラクションが多くあります。

これはディズニーシーの特徴の1つでもありますね。

 

なので、雨の影響を受けることがランドよりも低いです。

 

ちなみに、屋内アトラクションでパッと思いつくのが、

  • タワー・オブ・テラー
  • タートル・トーク
  • トイ・ストーリー・マニア
  • インディ・ジョーンズ
  • マーメイド・ラグーン内のアトラクション

などがあげられます。

人気所のアトラクションも多いですね!

・子供もOK!シーの人気アトラクションに関する記事はこちらから

 

メインが室内で一部分が外に出ているアトラクションもあるので、こういったものが雨や風の影響をどの程度受けるかわかりませんが、それでもランドよりは中止になる可能性が低いはず!

雨が降ったらランドよりもシーに行け!と言われるくらいです。

屋内で濡れる心配もないですし、大変魅力的ですね!

上記を踏まえて・・・

中止になりやすいと考えられるアトラクションは以下のとおりです。

 

  • ヴェネツィアン・ゴンドラ
  • アクアトピア
  • レイジング・スピリッツ
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • センター・オブ・ジ・アース

 

特に「レイジング・スピリッツ」は完全に外なので、一番中止になりやすいといえそうです。
やっぱりコースター系はモロに影響を受けますから、早めに中止の判断が下るんでしょうね。

ショーの敵も雨より風

雨の影響は、屋外のショーも関係してきます!

 

雨だとショーはすぐに中止・・・・というイメージが強いですが、どうやらそうでもなさそうです。

レギュラーショーの「ファンタズミック」は多少の雨なら予定通りやるようです。

 

ただ、ここでもやはり風の存在が・・・

風が原因でショーが中止になることは結構多いです。いわゆる「風キャン」ってやつで、ヴィランズ・ワールドみたいな期間限定のショーが中止になると、マジでへこむやつです。

実際、天気が良くても風が強すぎると中止になります(私は2回くらいそれでみれなくなってます(TT))。

フロートも大きいですし、フラッグや水上パフォーマンスなど、波が立つほど危ないですので、しょうがないんですけどね。

・・・ということなので、雨の日のショーは、同時に風のチェックも必要ということを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ディズニーシーのアトラクションは雨よりも風の影響を心配した方がよさそうです!

雨が降って大変なのは来園者のみではなく、スタッフさんも普段以上に大変。

運営しているスタッフさんには感謝が必要ですね♪

なお、雨の日の楽しみ方はこちらにまとめてみました!

・ディズニーシーの雨の日におすすめな楽しみ方を紹介します!

コメント