ディズニーシーで妊婦もOKな乗り物をまとめてみた

こんにちは!トラベールです!

ディズニーリゾートは老若男女問わず、多くの人が訪れる人気スポットです。

中でも妊婦の方が意外と多いのが印象的ですね♪

ディズニーの雰囲気や音楽が、なんとなく胎教に良さそうな感じしますもんね。

今回は、妊婦の方でも楽しめるディズニーシーのアトラクションについてまとめてみました!

スポンサーリンク

妊娠中は○○に注意してアトラクションを選ぶ!

妊婦の方が特に気を遣うのが、体に負担をかけないこと。

妊娠初期の方でまだ安定期に入っていない方は、なおさらデリケートにならなければなりません。

 

特に「揺れが激しい乗り物」などは要注意です!

お腹の赤ちゃんが揺さぶられて流産のリスクが増加してしまいます。

 

妊娠中に乗り物を選ぶときは、

 

揺れや振動が少ない乗り物

 

が絶対条件です。

この時に、乗り物のベルトや安全バーがお腹を圧迫するリスクもありますので、絶対に無理は禁物です!

少しでも「やばそうだな」と思ったら無理せずに見送ることにしましょう。

・子連れ家族のディズニーシー攻略ルートはこれだ!

ディズニーシーで妊婦でもOKな乗り物はこれ!

ディズニーシーのアトラクションは激しい乗り物が比較的多いですが、意外とまったりとした乗り物もあります。

●トランジットスチーマーライン

●ヴェネチアン・ゴンドラ

●エレクトリック・レールウェイ

●海底2万マイル

●シンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジ

これらの乗り物はまったり系なので、問題なく乗れると思います。

 

●トイ・ストーリー・マニア

●アクアトピア

●ジャスミンのフライングカーペット

●ジャンピン・ジェリーフィッシュ

●スカットルのスクーター

●ワールプール

●ブローフィッシュ・バルーンレース

これらの乗り物は若干揺れや振動がある物になります。

乗る場合には注意が必要な物です。

妊娠の経過や安定の状態を見た上で無理をしないように自己判断しましょう!

このアトラクションはNG!

ディズニーシーで妊婦の方が乗れないアトラクションは以下のとおりです。

●タワー・オブ・テラー

●レイジング・スピリッツ

●ストームライダー

●インディージョーンズ

●フライングフィッシュコースター

●センター・オブ・ジ・アース

ディズニーシー好きな方なら一目見れば分かりますよね(笑)

これらは高いところから落ちたり、揺れたり、回ったりする乗り物たちです(TT)

これらのアトラクションは、シーのHP上にも「妊婦の方はご遠慮いただいています」といった記載もあります。

しっかり確認していきましょう!

ゲストアシスタンスカードも利用できるが・・・

みなさんはゲストアシスタンスカードってご存じですか?

HP上には、

疾病、負傷などにより体の機能が低下し(一時的な場合を含む)何らかのお手伝いを必要とされる方の、パークでの負担を軽減するためのサポートツールです。

(引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/)

と記載があります。

 

例えば、身体障害者手帳などをお持ちの場合で、行列に並ぶのが困難な場合な時にキャストに申し出ることによって、別の部屋でゆっくりウェイティングできるようなシステムです。

 

この対象には、「妊婦」もしっかり含まれるので、体調が良くなかったりしんどかったりする場合は、各アトラクションやメインストリート・ハウスのキャスト相談してカード発行してもらいましょう。

 

ただ、この「ゲストアシスタンスカード」については賛否両論あるそうです。

というのも、言葉は悪いですが「嘘」をついてカード発行する人もいるとかいないとか(妊婦じゃないのに妊婦って嘘つく)。

発行の時に本当かどうか確認はしていると思うのですが・・・謎ですね。

なにはともあれ、本当に必要な人も多くいると思うので、無理せずに利用するべきだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

妊婦の方は何かと制限がつきものです。

  • 揺れ
  • 振動
  • 安全バーの締め付け

などに注意しつつ、乗れるアトラクション、乗れないアトラクションをしっかり判断していきましょう!

・これはダメ!東京ディズニーランドでのNGな妊婦の楽しみ方!

コメント