【数はいくつ?】ディズニーシーの隠れミッキーの秘密!

ども!トラベールです!

ディズニーリゾートには多くの場所に「隠れミッキー」がいることは既にご存知かと思います。

もちろん、ディズニーシーにも多くいるわけですが、隠れミッキーって秘密が多いですよね?

今回は、ディズニーシーにいる隠れミッキーの秘密について記事にまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

隠れミッキーの数は誰も分からない?!

みなさんは、隠れミッキーの数っていくつあると思いますか?

 

10?100?・・・無限?

 

 

答えは誰も分かりません(笑)

 

 

その理由は2つあります。

 

1つは、今もなお増え続けていること。
期間限定のイベントやアトラクションのメンテナンス時などに、さりげなく追加されている可能性があります。

2つめは、自然発生した隠れミッキーが生まれること。
例えば、

  • 石垣の石の並び方が偶然ミッキーに見える
  • 壁にできたシミなどがミッキーに見える
  • 植木の重なり方や刈り込み方がミッキーに見える

などです。偶然できたとものでも立派な「隠れミッキー」になりますからね♪

ということから、数の特定はほぼ100%不可能といえます!

いったい誰が作っているのか?

これめっちゃ気になりますよね!

 

隠れミッキーって一体誰が作っているんでしょ?

調べた中でやはり多かったのが、

 

設計に携わったオリエンタルランドのスタッフが考えた

 

というもの。

・・・そりゃそうですよね(笑)

内部事情はよく分かりませんが、企画段階で検討されている可能性は極めて高いでしょう。

ただ、個人的にはこうであって欲しい!思ったのが、

 

建設業者が遊び心で隠れミッキーを作った

 

というもの。

普通なら勝手にそんなことするのは許されないでしょうか、ディズニーは夢がありますから、そういうのがあってもいいのかなと思います(笑)

遊び心から生まれた隠れミッキー・・・こっちの方がディズニーらしいですよね♪

隠れミッキー探しで盛り上がる♪

パーク内を回りながら是非ともやりたいのが「隠れミッキー探し」

友達同士はもちろんですが、特に家族連れにお勧めですね♪

ディズニーシーの場合だと、身長制限が厳しいアトラクションがランドよりも多いので、比較的自由な時間が出来やすいと思います。

 

そんなときこそ、お子さんと隠れミッキーを捜してみましょう!

 

宝探し感覚で楽しめますし、帰りの車内などは隠れミッキーの話題で盛り上がると思いますよ♪

ディズニーシーの隠れミッキーの在りか

では、ディズニーシーの隠れミッキーについて、ほんの少し紹介したいと思います。

ロストリバー・デルタの小屋

ミラコスタの壁

アクアトピアのポスター

マーメイドラグーンの入口の壁

 

等々、上げ出すとキリがないですし、ネタバレ要素も含んでますのでこれくらいに・・・

中々みつけれないレアな物などもあるみたいなので、探してみましょう♪

かくいう私も、あまりどこに隠れミッキーがいるのか分からないので探してみよう・・・(笑)

スポンサーリンク

まとめ

ディズニーシーの隠れミッキーについてはまだまだ秘密が多そうです!

レアなものなど探せば探すだけありそうですし。

そういったところでゲストを楽しませてくれるディズニーはさすがですね♪

隠れミッキー探し・・・奥が深そうですが楽しみながら探していきましょう!

また、関連情報をこちらの記事でもまとめていますのでご参照ください♪

東京ディズニーランドの待ち時間に出来る暇つぶしを紹介します

コメント