夏の東京ディズニーランドは服装注意!アレは絶対NG!

真夏のめちゃくちゃ暑い季節でも、天気がいいとついつい出かけたくなりますよね!

夏のディズニーランドも、かなりの人で賑わっています。

そして、どの季節も頭を悩ますのが「服装」について。

夏は薄着でも大丈夫だから楽ちん!なんて思っていないですか?

しかし、夏の服装は意外と難しいんですよー!

今回は、夏に東京ディズニーランドに行くときの、服装に関する注意点などを記事にまとめてみました!

スポンサーリンク

一番大事なのは足元!

なんと言っても、一番重要なのは足元!

「オシャレな人はまず足元(靴)から!」なんて言葉もあるくらいですが、ここではちょっと違います。

もちろん、オシャレなことも大切です!

ただ、それ以上にここで大切なのは、

●動きやすさ
●疲れにくさ

です。

というのも、パーク内は当然歩いて移動するので、足が疲れるスピードが早いほど、パークを楽しむことが出来なくなってしまうわけです。

ということは、少しでも足を疲れにくくさせるのが良いわけです。

「疲れにくい足元って何?」「サンダルのが楽なんだけどダメなの?」と思われる方もいるでしょう。

もちろん、サンダルでも全く問題ないです。

・・・が、歩いていて疲れにくいのは、やはりスニーカーです!

なので、パークに行くときはスニーカーが絶対におすすめです。

コーディネートも、スニーカーがよく合うものがいいですね。

ディズニーを楽しむためにはどうすべきか?をしっかり考えて用意していきたいですね。

○○な素材のズボンはやめよう!

続いてはズボン編です。

私が強く言いたいのは、

デニム素材のズボンは絶対避けるべきです!

というのは、

●蒸れやすい
●夏のディズニーは、ショーなどで濡れる確率が高い
●汗でベタベタになりやすい
●濡れると乾きにくい

などが理由です。

一回濡れると乾くまでに結構時間がかかるので、湿った気持ち悪い感じのままパーク内を移動したくないですよね。

なので、例えば麻素材や綿素材の物が乾きやすいので、そういったズボンを選ぶようにしましょう。

上着はサッと羽織れる物がある方がベター!

「真夏なのでノースリーブ一枚でいいか」

「夜も暑いので特に上着は必要ない」

暑いときは、ついつい薄着だけでお出かけしてしまいがちです。

しかし、夏は夜になると一気に涼しくなることもあります。

それが原因で体調を崩してしまうことも考えられます。

私の経験上、やはり上着で羽織れる物が1枚あるのがベストです。

夜になると風が出てくることが考えられるのと、シャツがあることで日焼け対策にもなりますからね!

羽織るといっても、長袖のカーディガンとかではなく、半袖のシャツなどで十分なので、用意していくようにしましょう!

ご家族連れの方は、お子さんの分も忘れずに。

冬用のニット帽は熱がこもるのでやめましょう!

夏のコーデで欠かせないアイテムで、帽子があります。

おしゃれなのはもちろんですが、暑さ対策にもつながります。

この帽子についても、1つ注意点が・・・

それは、「冬用のニット帽はやめる」です。

頭に熱がこもると、必要以上に暑さを感じますし、体調も悪くなりやすいです。

夏に帽子をかぶるのであれば、

●麻などの素材で作られたハット
●ベースボールキャップ
●綿素材のニット

などがおすすめです。

パークが禁止している格好はあるの?

これは気になりますよね!

特に真夏は暑いですし、ショーでもずぶ濡れになる可能性が高いので、「水着みたいな恰好で行けたらいいのになぁ」なんて考えている方もみえるかもしれません。

ということで、ディズニーリゾートの公式HPを調べたところ、

 

入園にふさわしくない服装・刺青等

 

という風に書かれていました。

人によって解釈が違うため、判断が難しいですね。

ディズニーランドのコンセプトや訪れている客層、世間のイメージから判断すると、水着はNGでしょうね。
あとは、極端に露出の激しい服装や、タトゥーががっつり見えるような恰好も厳しいと考えられます。

子供たちに配慮して・・・というところをしっかり押さえておけば、どの恰好ならOKか判断が出来ると思います。

・東京ディズニーランドへの持ち込み禁止アイテムについてまとめてみた

おそろコーデが熱い!

ここ数年、ディズニーでとっても人気のあるコーディネートがあります。

それが、おそろコーデです!

家族、友人、カップルなどでパークに遊びに行くときに、みんなで服のコーデを合わせていくことです。

ツイッターでもこんな感じであげられています♪

そして私も・・・

みたいな感じで写真撮ったこともあります。

写真は冬にシーで撮ったものですが、こんな感じで少しラフな格好であれば、おソロもしやすいですよね。

夏場はさらに軽装になるので、よりしやすいといえます、

また、7,8人の団体が全員同じ格好して楽しむこともできちゃいます。

同じ服装で行くものから、シャツの柄や配色を合わせるおソロコーデまで、楽しみ方は多そうですね!

コーデするときに、こういったところも少し意識すると、楽しむ幅が増えていいと思います。

・夏のディズニーシーにおすすめな服装は?

スポンサーリンク

まとめ

東京ディズニーランドようなテーマパークは、歩くことが前提になるので、スニーカーは必ず履くようにしましょう!

また、夏のディズニーは「濡れる」イベントが多いので、デニム地はNGです!

その辺はしっかり意識しつつ、おしゃれな服装を選ぶようにしましょう!

また、夏休みの混雑状況やディズニーシーに関する夏服情報などもこちらでまとめていますので、ご参考にしてみてください!

トラベール
トラベール

ディズニーシーの夏服は、なるべく涼しくて動きやすい服装がポイントだよ!日焼け対策もしっかりして楽しもう!

・東京ディズニーランドの夏休みは平日でもやばい!混雑予想してみた!

コメント