【今はおいしい】東京ディズニーランドの食事がまずいと言われた3つの理由

こんばんは、トラベールです!

ディズニーランドの食事の件で、たまに聞くのが「食事がイマイチ・・」という話。

ディズニーランドほどの人気テーマパークが手を抜いているなんて考えにくいんですが・・・考えられる理由を私なりに調査してみました。

スポンサーリンク

一番の原因は人気がゆえ?

ディズニーランドは1日3~40000人ほどが来場していると言われています。

この数字が多いか少ないかは一目見ればわかると思います。どう考えても「多い」ですよね!

そして、ほとんどの人がパーク内で何かしら食事をとるわけで。

そうなると、スタッフ側としては少しでもお客さんの待ち時間を減らすため、食事の提供をスピーディーにしようと時短を図ります。

そうすると、手早く準備できるものが使いやすいわけです。

 

手早く準備できる・・・・レンチン・・・・冷凍!

 

調べたところによると、やはり多くの部分で冷凍に頼らざるを得ない場面が多いようです!

最大の原因はここにあると言えるでしょう。

・東京ディズニーランドの混雑攻略のポイントをまとめてみた

外国人が多い

ディズニーランドには多くの外国人の方も来園されています。

味覚や食文化は、国や地方によって大きく違ってくるので、味の偏りができては良ろしくないですよね。

日本人だけなら日本人好みの味付けだけでOKですが、そうも言ってられませんよね!

となると、何処の地域でも食べられるような味=平凡な味となってしまいがちです。

それが、人によっては「まずい」と感じてしますかもしれませんね。

流れるようなチームワークの代償

最後は「チームワーク」の代償ということ。

パーク内のテイクアウトできるレストランなどは、何名ものスタッフが流れるようなスピードで食事を準備している様子がみてうかがえます。

もちろん、マニュアルがあってそれにしたがっての準備になると思います。

この作り方だと、「味にばらつきがでにくい」メリットがる反面、「味に特徴がない」という面も。

ただ、これに関してはスピード提供しなければならないこともあるので、どうしようもないか・・・

理由の一つとしてはあげられると思います。

一昔前よりは今の方が断然おいしい!

「ディズニーランドのご飯はまずい!」といっても、一昔前に比べて今の方が段違いでおいしいです。

しかも、メニューの種類もめっちゃ増えてますし、季節ごとの限定メニューなんかも登場してます。

私は小学生の頃に初めてディズニーランドに行ったのですが、今になっても味や食感を覚えているくらいです。

今はイベントによって期間限定で食べれるものもありますし、昔よりはみんなが「食」に関心をもつ時代になっていると感じるので、味はしっかりしています。

こないだ久々にディズニーランドへいったときも、おいしく食事をいただきましたよ♪

・東京ディズニーランドの安くておいしい食事はこちらでチェック

スポンサーリンク

まとめ

ディズニーの食事がまずいと言われる理由はこのくらいかと思います。

もちろん、しっかりとしたレストランもあるので、そういったところではきちんと料理していると思います!

ファストフード店のようなところは、やはりスピード重視なところがあるので難しいかもしれませんね。

ただ、昔に比べれば本当においしくなりました!と繰り返させていただきます。

おしゃれなレストランで食事したい!とうか方は、こちらをご参考にしてくださいね。

トラベール
トラベール

一昔前のディズニーランドのご飯は・・・本当にイマイチだったんだ。でも、最近は凝っているメニューもあるし、いろいろ工夫がされているよ!期間限定のスイーツなんかを楽しむのもおすすめだからチェックしてみてね!

・おしゃれに決める!東京ディズニーランドおすすめの食事ベスト3 

コメント