【外出時注意】妊婦が水分不足によって受ける体の影響を考えてみた

ども!トラベールです!

6月に入り、一層暑い日が続きますね。

特に蒸し暑くなってくるのが嫌ですよね↓

小さいお子さんや大人の方でも厳しいですが、その中でも妊婦の方はより一層しんどそう。

大事な赤ちゃんをお腹の中で育てているので、自分の体調や接種した栄養が直接お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすわけなので、慎重をきさなければなりません。

そんな妊婦の方が陥りがちなのが水分不足。

1年中そのリスクはありますが、特に夏については一層注意しなければなりません!

今回は、水分不足が妊婦の方に及ぼす影響について記事にまとめてみました。

スポンサーリンク

妊婦は水分不足に陥りやすい?!

妊婦の方は、よく水分不足に陥りやすいと言われています。

その理由は、

 

むくみ(見た目)を気にする

 

というのが大きな理由の一つかと思います。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを育てる必要があることから、妊娠前とは体質が変わる方が非常に多いです。

  • 甘いものが苦手だったのに、妊娠後はめっちゃ甘いものが食べたい
  • 揚げ物しか食べたくない
  • 食べる量が増えた

などはよく聞く話かと思います。

そうなると、当然体重も増え体も妊娠前よりムクむようになります。

 

そりゃ当然ですよね、健康な赤ちゃんを産んでしっかり育てていくための準備なのですから。

 

ただ、やっぱり少しでもムクみを押さえて見た目を気にしたいと思う妊婦さんが多いのも事実です。

これも気持ち的にはわからんでもないですwww

で、どうするかというと、水分を摂る量を減らしてしまう妊婦さんが意外と多くみえるようです。

 

「水を飲み過ぎるとムクむ」

 

というのはよく聞く話ですからね。

ただ、水分の接種を過剰に押さえ込んでしまうのはNG!

母体にもお腹の赤ちゃんにも決して良くないです!

水分をおさえすぎてしまうと一体どんな影響が出ることが考えられるのでしょうか?

水分不足によって起こる影響

妊婦さんが水分不足になると、以下のようなことが起こることが考えられます。

膀胱炎や感染症になりやすくなる

妊娠すると排尿の回数が増える(頻尿)ようになりますが、水分が不足すると一回の尿の量が少なくなり、すべての尿を排出することができなくなります(残尿)。

 

この状態が続くと、膀胱炎性病(カンジダ膣炎など)にかかりやすくなってしますようです。

 

妊娠中は体の抵抗力が弱くなっているので、妊娠前よりもリスクが高くなります

 

私の奥さんも、妊娠中に膀胱炎になった経験があります。

思い当たる節がなくて、産婦人科で診てもらったときに言われたことがまさにこれ!

妊婦さんなら誰でもなりうることなので注意しましょう!

母乳の量が減る可能性がある

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養が送られているのはもちろんのこと、妊娠後の準備として母乳がしっかり出るように準備される時でもあります。

母乳は液体なので、当然水分が必要。

しかしながら、水分が不足していると十分な母乳が作られず、出産後、母乳が出にくくなってしまう可能性があります。

これは、体質にもよりますので一概には言えませんが、そのリスクは高まるものと思います。

羊水の量が減少する

赤ちゃんはお母さんの子宮で羊水に浸かりながらゆっくり成長していくのはみなさんご存知かと思います。

 

この羊水が減少してしまうと、赤ちゃんが直接子宮に触れるようになってしまい、出産後の赤ちゃんの成長に支障をきたしてしまう(四肢変形等)ケースがあるようです

 

こうなってしまっては大変なので、絶対に避けましょう!

1日○ℓの飲料を摂った方がいい?!

「妊娠中はお腹の赤ちゃん分も含めて、大量に水分を摂った方がいいの?」

と思いがちですが、1日3ℓも4ℓも摂る必要はないです。

 

大人の1日の水分摂取量は、食べ物の水分も含めて大体2ℓくらいと言われています。

 

この量をとりあえずは守るようにし、お腹が大きくなるにつれて少しずつ量を増やしていきましょう。

大体2.5ℓくらいが理想ですかね。

一気に摂るのはもちろん無理なので、日常の中でこまめに水分補給していくようにしましょうね!

スポンサーリンク

まとめ

妊婦さんの水分不足は注意していても起こりやすい症状です。

そうならないためにも、しっかりとこまめに水分補給することが大切ですね!

赤ちゃんの水分補給に関する記事もまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください♩

【要注意】水分不足だと分かる赤ちゃんの代表的な症状は?


スポンサーリンク



スキマ時間でおこづかい稼ぎ!旅行のタシにしちゃいましょう♪


kodukai""


>>空いてる時間がねらい目です!<<
>>上手く有効活用しちゃいませんか?!<<


ディズニーリゾート人気記事


sea""

★注目記事①
決定版!
ディズニーシーの子連れルートはこれだ!


★注目記事②
子連れは確認!
雨の日の子連れ家族の注意点!


★注目記事③
荷物預けは超大切!
ディズニーランドのロッカー事情まとめ


★注目記事④
意外と混んでる?
雨の日でも大人気!


★注目記事⑤
夕方からが勝負!
ちょっぴり大人なシーを満喫しませんか?


★注目記事⑥
意外と少ない?
ディズニーシーのロッカー情報まとめ


USJ人気記事


usj""

★注目記事①
チェックしよう!
USJもお子さんが遊べるとこ多いですよ♪


★注目記事②
超大切!
ベビーカーを守るのはあなた自身です!


★注目記事③
安くてなんぼ!
駐車場代って意外と大きいですよねぇ!


★注目記事④
どこまでOK?
USJの持ち込み情報はここ!


ハワイ人気記事


hawaii""

★注目記事①
人気のオプショナルツアー「天国の海」
忘れ物が無いように持ち物チェックを!


★注目記事②
芸術的ウォールアート!
インスタ映え間違いなしな激熱スポット!


★注目記事③
子供でもしっかり楽しめる!
子連れハワイのおすすめアクティビティまとめ


★注目記事④
意外と寒いことも?!
ホノルル満喫におすすめな服装をチェック!


動物園・遊園地人気記事


irumi""

★注目記事①
人気の東山動物園!
車で来る人は駐車場情報を事前にチェック!


★注目記事②
マジコワ!
最恐アトラクションを満喫するならここ!


★注目記事③
中部地方!
スチールドラゴン最強説!


★注目記事④
絶叫だけじゃない?!
雨でも十分楽しめるのがいい♪


コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ