ハワイから帰国後に時差ぼけを防ぐ方法とは?

こんにちは!トラベールです!

 

日本人の海外旅行先で常に人気なのがハワイ。
一年中常夏な気候ですし、一年を通じて日本からの旅行者が多いのが特徴です!

 

ハワイへの旅行が決まったら、現地でどんなふうに過ごすか、お土産は何を買うかなど計画を立てる時間は楽しいですよね。

 

そんな中、意外と旅行者の頭を悩ませるのが「時差ぼけ」について。
私も何度かなったことありますが、特にひどいのが帰国後の時差ぼけです。

 

「とにかく眠たい」「頭が痛い」などの症状に悩まされたことがあります。

 

特にハワイは、日本との時差は19時間程なので、かなり差があります。

 

ということなので、時差ぼけする確率が高くなるわけです。
さらに、帰国後の時差ぼけは仕事や日常生活にも支障をきたすので、なんとか防ぎたいところです。

 

今回は、その情報について記事にまとめていきます!

 

スポンサーリンク
 

そもそも「時差ぼけ」とは?

よく聞く「時差ボケ」。
英語では「Jetlag」と言い、時差がある地域間を飛行機などで移動した場合に起こる心身の不調の事をいいます。

 

 

人により症状も様々ですし、個人差もあります。
なので、全く時差ぼけを起こさない人もいます。

 

ただ、時差ぼけする人は、疲労感や頭痛・吐き気などを感じることが多いです。

 

ひどい場合は、現地について早く行動したいのに、時差ぼけによる眠さと体調の悪さで、ついた日は寝て過ごさないといけなくなることもあります(私がハワイに行ったときはこのパターンでした↓)。

 

では、時差ぼけを予防するにはどうするべきでしょうか?

 

ポイントは○○!

時差ぼけになるかならないかは、はその日の体調や「慣れ」の面もあるので、「これをすれば大丈夫」という確実なものは中々ないです。

 

ただ、私がした中で時差ぼけ予防になったことは、

 

睡眠時間を調整することです!

 

行きの機内はとにかく寝ることに集中しました!
日本~ハワイだと約7時間ほどフライト時間があるのですが、ほとんど爆睡しています。

 

 

そのため、出発当日は少し寝不足気味にしておき、機内でゆっくり休めるように調整し、「アイマスク」「耳栓」を装着、寒くないようにブランケットも借りて寝る体制を整えます。

 

ただし、しっかり睡眠をとるためには我慢しなければいけないことも・・・
それは、

  • ドリンクサービス
  • 映画
  • ゲーム

などの類です。

 

機内食は食べるようにしましたが、機内で流れる映画(比較的最新のものが上映されてます)やアルコールは基本我慢です。

 

このあたりを意識してからは、行きの時差ぼけに悩まされることは減りました!

 

>>ホノルルを満喫するためのおすすめの服装は?

 

帰りの時差ボケを防ぐポイントは?

では、帰国後の時差ぼけを防ぐコツは何でしょうか?

 

それは、「寝すぎないこと」です。

 

・・・そうです、行きの時と逆です(笑)
今回も、「睡眠時間」の調整がカギとなるのは変わりませんけどね。

 

 

この理由は、日本への到着時間の関係です。
例えば、成田着で考えると、大体午後~夕方、もしくはそれ以降になることが多いです。

 

なので、帰りの機内で寝すぎると、帰国した日の夜に寝れなくなる可能性があります!

 

これが、帰国後の時差ぼけを悪化させてしまうんです↓

 

なので、帰りの機内では、行きの機内で見れなかった映画やゲームを楽しんだり、旅行中に撮った写真を見ながらゆっくりするのもおすすめです♪

 

>>ハワイおすすめの遊び方って?!

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

私も初めてハワイに行ったとき、到着した日は眠たすぎてほとんど寝ていたことを思い出します。

 

ついたのがハワイの昼くらいだったので、そのままホテルにチェックインして夜八時くらいまで爆睡・・・w

 

そして、帰国後も何かと支障をきたす前に、時差ぼけの影響は最小限にしたいところなので、予防のためにも対策を練っていきましょう!

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク



スキマ時間でおこづかい稼ぎ!旅行のタシにしちゃいましょう♪


kodukai""


>>空いてる時間がねらい目です!<<
>>上手く有効活用しちゃいませんか?!<<


ディズニーリゾート人気記事


sea""

★注目記事①
決定版!
ディズニーシーの子連れルートはこれだ!


★注目記事②
子連れは確認!
雨の日の子連れ家族の注意点!


★注目記事③
荷物預けは超大切!
ディズニーランドのロッカー事情まとめ


★注目記事④
意外と混んでる?
雨の日でも大人気!


★注目記事⑤
夕方からが勝負!
ちょっぴり大人なシーを満喫しませんか?


★注目記事⑥
意外と少ない?
ディズニーシーのロッカー情報まとめ


USJ人気記事


usj""

★注目記事①
チェックしよう!
USJもお子さんが遊べるとこ多いですよ♪


★注目記事②
超大切!
ベビーカーを守るのはあなた自身です!


★注目記事③
安くてなんぼ!
駐車場代って意外と大きいですよねぇ!


★注目記事④
どこまでOK?
USJの持ち込み情報はここ!


ハワイ人気記事


hawaii""

★注目記事①
人気のオプショナルツアー「天国の海」
忘れ物が無いように持ち物チェックを!


★注目記事②
芸術的ウォールアート!
インスタ映え間違いなしな激熱スポット!


★注目記事③
子供でもしっかり楽しめる!
子連れハワイのおすすめアクティビティまとめ


★注目記事④
意外と寒いことも?!
ホノルル満喫におすすめな服装をチェック!


動物園・遊園地人気記事


irumi""

★注目記事①
人気の東山動物園!
車で来る人は駐車場情報を事前にチェック!


★注目記事②
マジコワ!
最恐アトラクションを満喫するならここ!


★注目記事③
中部地方!
スチールドラゴン最強説!


★注目記事④
絶叫だけじゃない?!
雨でも十分楽しめるのがいい♪


コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ