一度は行きたい!ディズニーシーの年越し攻略を調べてみた!

今回のテーマは「ディズニーシーでの年越し攻略」について。

私も一度は行ってみたいことですし、色々と調べてみたことを記事にします!

ディズニーシーで年越ししたい人はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートを手に入れる4つの方法

ディズニーシーで年越しするには、まず「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」を手に入れる必要があります!

これがないと入場できませんからね。

 

で、どうやって手に入れるかと言うことなんですが、

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの募集要項に従って申し込む

・ファンダブル・ディズニーに入会する(ファンクラブ)

・旅行会社で予約する

・ディズニーのパッケージ・プランに申し込みする

のいずれかで手にいれることができます。

 

募集要項に従う場合は、8月ごろにディズニーの公式HP上に要項がアップされるので、それにしたがって申し込みます。ただ、ものすごい倍率だとか・・・募集期間も9月中旬ごろまでみたいですね。

ファンダブル・ディズニーに入会して申し込むものは、ファンクラブ限定で案内がくるみたいですが、これまた結構な倍率だとか・・・・

一番現実的なのは、旅行会社で予約するのとディズニーのパッケージ・プランに申し込むのがいいですね。

ただ、これもすぐなくなってしまいそうな予感が・・・・旅行会社にちょいちょいプランを確認にいったり、HPをちゃんとチェックしていないと難しいかもですね。

ちょっとハードルが高そうな感じがしますが・・・行くためにはパスポートが必要なので、気合で頑張るしかないです(笑)

あとは、「オークションで落札する」なんていう手もありますね。

まぁいくらで落とせるかはわかりませんが、安くはないでしょう。お金に余裕のある人はありだと思います。

寒さ&暇つぶし対策は必須!

31日は午後8時から入園可能です。

・・・にもかかわらず、カウントダウンのショーを良い場所で見たい人や、ファストパス狙いの人なども多く、当日の朝から並んでいる人もかなりいます。

で、待ってる間に起こる問題は、寒さと暇なこと。

年末で海沿いのディズニーリゾートは、これでもかっていうくらい寒いので、防寒対策は必ず必要です。ほんと、なめてると痛い目をみますので、しっかり対策していきましょう。

・ディズニーシーの寒さ対策についてはこちらから

 

そしてもう一つは暇つぶし。

仮に朝8時から並んだとしても、12時間・・・・気が遠くなりますね。

本を読む、スマホアプリで遊ぶ、寝るなど、暇つぶし対策はなにか考えていった方がよさそうです。

・ディズニーの待ち時間の暇つぶし対策はこんなのがあります

行動を入念にシュミレーションする

年越しは、ディズニーシーとランドが行き来できるようになるそうです。

なので、無計画でいくと何も乗れないまま終了してしまう可能性も・・・・

そうならないためにも、ファストパスを取る乗り物を決めたり、どういう風に回るかを考えた方がスムーズですね。

当日は、ショーを見る派とひたすらアトラクションに乗る派で分かれるので、まずどちら重視か決めて、そこからの行動になりますね。

ちなみに、人気アトラクションのファストパスはすぐになくなるみたいですので、その辺りも考えてルートを考えたいですね。

せっかくの機会なので、後悔しないように回れるように計画しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

私も年越しディズニーは一回も経験したことないので、ぜひ行ってみたいところです!

色々調べるたびに過酷な様子が見てとれるので、行くと決めたら気合いを入れないと痛い目みそうです・・・

といっても、年末にディズニーで過ごせるのは、間違いなくレアなこと。

めちゃくちゃうらやましいです。

後悔しないように、全力で楽しみたいですね!


スポンサーリンク



スキマ時間でおこづかい稼ぎ!旅行のタシにしちゃいましょう♪


kodukai""


>>空いてる時間がねらい目です!<<
>>上手く有効活用しちゃいませんか?!<<


ディズニーリゾート人気記事


sea""

★注目記事①
決定版!
ディズニーシーの子連れルートはこれだ!


★注目記事②
子連れは確認!
雨の日の子連れ家族の注意点!


★注目記事③
荷物預けは超大切!
ディズニーランドのロッカー事情まとめ


★注目記事④
意外と混んでる?
雨の日でも大人気!


★注目記事⑤
夕方からが勝負!
ちょっぴり大人なシーを満喫しませんか?


★注目記事⑥
意外と少ない?
ディズニーシーのロッカー情報まとめ


USJ人気記事


usj""

★注目記事①
チェックしよう!
USJもお子さんが遊べるとこ多いですよ♪


★注目記事②
超大切!
ベビーカーを守るのはあなた自身です!


★注目記事③
安くてなんぼ!
駐車場代って意外と大きいですよねぇ!


★注目記事④
どこまでOK?
USJの持ち込み情報はここ!


ハワイ人気記事


hawaii""

★注目記事①
人気のオプショナルツアー「天国の海」
忘れ物が無いように持ち物チェックを!


★注目記事②
芸術的ウォールアート!
インスタ映え間違いなしな激熱スポット!


★注目記事③
子供でもしっかり楽しめる!
子連れハワイのおすすめアクティビティまとめ


★注目記事④
意外と寒いことも?!
ホノルル満喫におすすめな服装をチェック!


動物園・遊園地人気記事


irumi""

★注目記事①
人気の東山動物園!
車で来る人は駐車場情報を事前にチェック!


★注目記事②
マジコワ!
最恐アトラクションを満喫するならここ!


★注目記事③
中部地方!
スチールドラゴン最強説!


★注目記事④
絶叫だけじゃない?!
雨でも十分楽しめるのがいい♪


コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ