夏のディズニーシーにおすすめの服装は?注意点もまとめてみた!

ディズニーシー

世間はまだ春なのに、最近めっちゃ暑くないですか?!

北海道などではこの時期の最高気温の記録を更新したりしてます↓

ほんと、地球はどうなっちゃうんでしょ(–)

てことで、今回は夏のディズニーシーにおすすめな服装を記事にしてみました!

ちょっと早いかな?!と思いますが、参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

夏の大敵は紫外線!

この時期でも天気のいい昼間なんかは、外にいるとヒリヒリしてきますよね!

 

紫外線はほんとに大敵です。夏だから暑いし、ノースリーブ1枚で。

・・・なんて思っている方、やめておいた方がいいです。

 

たぶん日焼けで後悔することになると思います。肩って知らない間に焼けてるんですよねぇ。

しかも、普段露出していないところなだけに、焼けたときの反動がでかい(笑)

海で焼いた次の日なんかは、肩が痛すぎて服もまともに着れないこともしばしば・・・

真夏になると、ノースリーブなど1枚でパークに行きがちですが、後々のことを考えて袖付きのものを選ぶようにしましょう!

・【その症状はまさか】紫外線による湿疹?原因と対処法をまとめてみた

○○は必需品です

夏のディズニーシーに行くなら用意したいもの。それは帽子です。

普段あんまりかぶらない人もいるかもしれませんが、夏のディズニーシーでは必需品です。

 

一日の大半を外で過ごすことになるので、気を付けないといけないのは熱中症。

頭は人間の体で一番高い所にあるため、日光が直撃しますよね。

なので、ここを守ってあげないと熱中症へまっしぐらなわけです。

帽子をかぶるだけでも、かなりの予防にはなります。

さらには、帽子をかぶることによって頭皮の日焼けや紫外線による髪へのダメージも軽減できます。

 

帽子を忘れてしまった人は、パーク内で売られている「ファンキャップ」を購入するのもおすすめです。

かわいらしいファンキャップから、普段使いできそうな帽子までたくさんありますので、チェックしてみるのもいいですね。

お子さん連れは必ず着替えを持っていきましょう

小さいお子さんがいる場合は、着替えも用意していきましょう。

特に、5・6歳までのお子さんが見える方は必須だと思います。

ベビーカーに乗っている時も、背中は汗でびっしょりなんてこともよくあります。

 

子供は大人よりも体温が高くて汗をかきやすいため、冷えてしまうと風邪をひく原因にもなります。

さらには、あせも・かぶれを起こしてしまうこともあります。

 

こまめにタオルで拭くことで汗のケアはできますが、服が濡れてしまうのはなかなか防げないですからね。

汗で冷える前に着替えさせた方がトラブルを防げますので、用意していくようにしましょう。

・夏のディズニーランドに欠かせない持ち物って何がある?

おすすめの服装はこんな感じ

ディズニーシーへ行くときの服装で私が意識しているのは、

・動きやすい

・なるべくおしゃれ

この2点です。

 

動きやすいことが最低条件で、そこに「おしゃれ」要素がないと楽しさが半減してしまうと思っております。

私は夏にパークに行くときは、よく画像のような服装をしていきます。

おそろコーデで仲良し感アップ

せっかくパークに行くならやっておきたい「おそろコーデ」。

カップルや家族同士などでお揃いのシャツを着たりしてる方々を結構見かけます。

どうせなら、シーでもおソロコーデやっちゃおう!

街中ではできないような柄の服をきたり、ミッキーのサングラスでおそろにしたり、パークにはパークのお揃いコーデがあります。

私は画像みたいな感じで、カジュアルにおソロコーデするときもありますし、ディズニーで売られているTシャツやパーカーなどでおソロコーデすることもあります。

家族や友人、恋人同士でおソロコーデしてみると、意外と楽しめます。

より楽しい気分にのなりますし、やったことない人はぜひためしてみてください。

・ディズニーシーのフォトジェニックな写真はここがおすすめ!

スポンサーリンク

まとめ

夏のディズニーシーにおすすめな服装と注意点は、

・紫外線注意

・帽子は必需品

・動きやすいandオシャレな服装

をおさえましょう。

パークを満喫するためにも、服装って結構大切なんです。

そのあたりも意識してパークを楽しんでいきましょう。

トラベール
パークに行くときの服装って意外と大切!おソロコーデは気分の上がるしおすすめだよ♪恥ずかしがり屋の人もチャレンジしてみてね!

コメント