東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードの場所取りポイントまとめ

ディズニーランド

こんにちは!トラベールです!

東京ディズニーランドといえばエレクトリカルパレード♪

もはや知らない人はいないでしょう。

ディズニーランドと同い年の私は、物心ついたときから知っていたと思います。

パレードの音楽も耳に残りますし♪

そんなエレクトリカルパレードの場所取りについての記事にまとめてみました!

スポンサーリンク

2015年7月から大幅リニューアル!

歴史あるショー、エレクトリカルパレード。

2015年7月より、大幅なリニューアルがされているのです!

 

リニューアルの内容は、

  • フロート数26台→23台に減少
  • 新フロートの追加

がメインで、細かいところにいくと電飾なども変わっているところがあるようです。

 

もっとも楽しみなところは「新フロート」の追加。

そうなんです!

 

あのラプンツェルのフロートが登場します!

 

テンション上がりすぎて鼻血でそうっすwww

 

ここ最近のラプンツェル人気がすごくて、グッズなどもやばいくらい売れているそうですね♪

私はこないだ初めて映画を見たんですが、ハンパ無くおもしろかったです!

個人的にはアナ雪より好きですね♪

まさに、「来るべくしてきた」って感じですかね!

ここのフロートが注目されることは間違いないでしょう!

・初心者必見!ディズニーランド攻略ポイントまとめ

場所取りは○○を押さえよう!

 

(出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/)

これがエレクトリカルパレードのルートです。星印のところは来場者の横断場所になるところを示しています。

シンデレラ城の左手から進み、トゥーンタウンの方へ抜けていくピンク色の矢印になります。

 

このルートで子連れ家族にオススメな場所が、トゥーンタウン付近です。

写真でいくと右上、パレードの最後の場所になります。

 

ここが何故オススメかというと、

・キャラクターの写真が撮りやすい、目が合いやすい

・トイレなどが近くにあるため、万が一のときに対処がしやすい

・ミッキー達を正面からカメラで狙える

があげられます。

 

写真をよく見てもらうと、トゥーンタウンのパレードルートの背後には「プーさんのハニーハント」があるため、来場者は片側からしか見ることが出来ないです。

他の場所だと、パレードルートの両サイドに来場者が座っているため、キャラクターもあっちこっち忙しくしていますが、トゥーンタウン付近は片側なので、キャラクターの写真を正面から撮ることができます。

「パレードの時にいつもキャラクターの後ろ姿しか撮れない」なんて方にもおすすめです。

 

ただ、写真好きな方やディズニーマニアの方には周知の情報かもしれないので、それなりの混雑が予想されますので、しっかりと準備していきましょう。

また、トゥーンタウンはディズニーの中でもより子供を対象に作られているエリアです。

急な体調不良やトイレなどに対応できる施設もありますので、小さいお子さん連れの方はより安心してパレードを楽しめることと思います。

 

ちなみに、写真の青色のラインは、雨の日しかみれない「ナイトフォール・グロウ」のパレードルートになります。

エレクトリカルパレードとは逆回りなんですよー。

こちらもきれいですので、雨が降った時には一見の価値ありです。

・ナイトフォール・グロウについてまとめてみました

場所取りからパレード中はマナーを守りましょう!

エレクトリカルパレードは、多くの方が本当に楽しみにしています。

 

なので、

・シートを広げて場所取り出来るのは開始1時間前から

・前の方は立ち見厳禁(立て膝も微妙かも)

・後ろの方の立ち見も小さいお子さんを肩車厳禁

これらのマナーは絶対守るようにしましょう。

小さいお子さんがいると、ついつい肩車とかしちゃいがちなんですが、前でやられるとマジで見にくくなります↓

お子さんのために・・・というのも分かるので中々難しいところですが、場所を少しずらしたりするなど、工夫してみるといいですね。

みんなが気持ちよくパレードを見れるよう、マナーはしっかり守りたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

パレードの場所取りには色々とルールが存在します。

マナー向上のためにも、まずはここをしっかりと押さえましょう!

そして、エレクトリカルパレードのオススメ場所はトゥーンタウンです!参考にしてみてください!

また、こちらの記事ではワンス・アポン・ア・タイムのこともまとめていますので見てみてくださいね♩

トラベール
エレクトリカル・パレードは変わらずに人気のショーです!見る場所などのポイントをしっかり押さえて楽しみましょう!

コメント