夏の東京ディズニーランドですべき子供の暑さ対策のススメ

こんにちは!トラベールです!

6月に入り、だいぶ夏らしくなってきましたね!

雨は雨でジメジメ、晴れは晴れで日差しがエグいですwww

でも、暑くてもやっぱり晴れがいいですよね♪お出かけもしやすいですし。

ただ、お出かけ時に気を付けないといけないのが暑さ対策!

東京ディズニーランドもかなりの暑さになるので、必ず対策が必要です!

今回は、その情報についてまとめていました!

スポンサーリンク

パーク内に存在する○○スポットとは?

東京ディズニーランド内には真夏に登場するあるスポットがあります。

それは、

 

クールスポット

 

読んで字のごとく、「涼めるよう工夫がされている場所」です。

具体的に、その周辺では細かくて冷たい霧(ミスト)が噴射されていて、ひんやり感じる工夫がされています。

今や街中や大手ショッピングモールでも見かける機会が多いと思うので、何となくお分かりかと思います。

 

ディズニーランドでは全部で、

  • トゥモローランドのサーキット付近
  • アドベンチャーランドの入り口付近の橋
  • クイーン・オブ・ハートのレストラン付近
  • アドベンチャーランドのツリーハウス付近
  • トゥーンタウンの子供広場付近

の5か所に設置されています。

 

しかも、このクールミストは機械的に設置(噴射機械が丸見えとか)されているわけではなく、例えば滝壺からミストが噴射されるようにさりげなく工夫されていたりします。

その辺のこだわりもさすがディズニーですね♪

 

真夏のクールスポットは、微々たるものですが有るのと無いのとではえらい違いです!

計画的に立ち寄るようにして休憩したりしましょう!

ベビーカーは要注意!

小さいお子さんをお連れの方は気を付けてください!

 

「寝てくれて助かった」

 

なんて思っていると、大変なことになるかもしれないですよ(><)

 

理由は、

  • さえぎるものが無いと日差しが直撃する
  • 地面に近いため、日差し+照り返しの熱で高温になる
  • 同じ姿勢なので、背中などに熱が溜まりやすい

が主なものです。

 

こうなると、体の体温が上昇してくるので、水分不足や熱中症になりかねないです!

 

こうならないためにも、

  • こまめに様子を見て汗をふく
  • 水分補給をこまめにする
  • アイスパックをタオルでくるんで冷やしてあげる
  • ベビーカーに日よけをつける

等をして対策するようにしましょう。

 

夏の外出時は要注意!水分不足と頭痛を解消する3つのポイントは?

 

様々な工夫で体温を下げる工夫を!

具体的に実施できる暑さ対策としては、「携帯扇風機を利用する」「帽子をかぶる」「アイスパックや冷却シートなどを利用する」などがパッと思いつくところかと思います。

 

確実に有効な暑さ対策なので、ぜひ実施しましょう!

 

この他に私が実行していることは、

  • 昼間の移動はなるべく避ける(屋内施設優先)
  • 無理はしない
  • クールスポットに待機
  • 夏限定のスイーツを食べる

などがあります!

 

真昼はほんっとうに暑いので、無理して移動するのは禁物です!

夜まで体力が持たなくなりますからね。

 

夕方くらいから少しずつ動き出すことを心がけ、それまではお土産買ったりレストランでゆっくりしたりをおすすめします。

また、夏限定のスイーツもいいです♪

(引用元:www.tokyodisneyresort.jp

アイスやかき氷などで食べながら涼むことができるのでいいですよー!

子供もかき氷とかは大好きですから、喜んでくれるとも思います♪

スポンサーリンク

まとめ

夏のディズニーランドの子供の暑さ対策は、

  • クールスポットを有効活用
  • ベビーカー利用は注意
  • 真昼は屋内でおとなしく
  • 季節限定のスイーツを楽しむ

がカギですかね♪

しっかり暑さ対策をして、夏の東京ディズニーランドを満喫しましょう♪

コメント