赤ちゃんの食中毒はあれが原因?親が気をつける3点とは?

こんにちは!トラベールです!

これからの季節、急激に増えてくるのが食中毒。

1年中発生する食中毒ですが、やはり夏場のこの時期が一番被害が多いです。

お出かけ時のお弁当を持って行く場合なんかは本当に注意が必要です!

食中毒になると、大人でも最悪死に至るケースもあるくらいなので、赤ちゃんや小さいお子さんの影響はさらにリスクが高まると思われます。

今回は、赤ちゃんが食中毒になる原因やその予防法について記事にまとめてみました。

スポンサーリンク

食中毒の原因で圧倒的に多いのは?!

赤ちゃんが食中毒になる原因として、一番多いのが、

 

細菌性食中毒

 

です。

読んで字のごとく、細菌に感染することによって食中毒になってしまいます。

  • サルモネラ菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • O-157(病原性大腸菌)

などが代表的な細菌で、腐敗した食品やペットなんかがもっていたりします。

これらに感染しないためにはどうしたらいいのでしょうか?

基本は食中毒予防の3原則を守る

食中毒は、

 

「つけない」

「増やさない」

「やっつける」

 

を原則とした、「予防3原則」なるものが存在します。

 

この原則をもとに、

  • 手洗い
  • 調理器具を清潔に保つ
  • 食品の保存に注意する
  • 加熱処理する

などの注意点を守り、食中毒の発生を防ぐことが大原則になってきます。

 

【まずはこれ】食中毒の正しい予防方法を紹介します!

 

これらの事項を守っても、赤ちゃんにはさらに注意すべき点がいくつかあります!

以下に3つの注意点をまとめておきます!

注意点1:○○や○○は見落としがちな落とし穴!

幼児は使用していなくて、赤ちゃんのみが使用する物って何があるでしょうか?

パッと思いつくあたりといったら、

 

「おしゃぶり」

「よだれかけ」

 

あたりが思い浮かぶかと思います。

 

そして、これらが食中毒の発生原因になりえる可能性があるのです!

その理由は、こまめに取り替えたり洗ったりしないと、そこから菌が発生するからです。

 

1回の食事が終わった後も、よだれかけはそのまま・・・なんてことはないですか?

おしゃぶりを丸1日洗っていないなんてことはないですか?

 

この点は、意外に見落としがちなところなので、しっかりケアしていきましょう。

注意点2:手の届くところに物を置かない!

赤ちゃんは手に取った物を口に運ぶ習慣があります。

例えば、机の上に食べ残しの食事を置きっぱなしにしておいて、時間が経った後に赤ちゃんが口にいれてしまったら・・・食中毒が発生するリスクが一気に高まります。

食べたら片付ける!を徹底して注意する必要があります。

注意点3:ミルクの作り置きは絶対NG!

1回ずつミルクを作るのが面倒だからといって2、3回分を一気に作り置きするのはNGです!

 

ミルクは栄養満点ですし、暖かさも人肌程度。

湿度の高い中で放置しておくとすぐに菌が発生してしまいます!

 

ミルクはきちんと1回ずつ作るようにしましょう!

また、母乳などをフリーザーに入れて凍らせている方も同じです。

1回に使う分だけを解凍するようにしましょう!

なので、凍らせるときは大体1回分になるような量を小分けにして保存するといいと思います♪

スポンサーリンク

まとめ

食中毒の予防3原則を守ることを念頭に、

  • 「おしゃぶり」や「よだれかけ」はこまめに取り替える、洗う。
  • 手の届くと子に物は置かない
  • ミルクの作り置きはNG

に注意し、食中毒の発生を防ぐようにしていきましょう!

また、家族で出かける際のお弁当も食中毒発生要因になる可能性があります。こちらの記事を参考に、準備してみてください♪

【要注意】食中毒を防ぐお弁当作りのポイントをまとめてみた!


スポンサーリンク



スキマ時間でおこづかい稼ぎ!旅行のタシにしちゃいましょう♪


kodukai""


>>空いてる時間がねらい目です!<<
>>上手く有効活用しちゃいませんか?!<<


ディズニーリゾート人気記事


sea""

★注目記事①
決定版!
ディズニーシーの子連れルートはこれだ!


★注目記事②
子連れは確認!
雨の日の子連れ家族の注意点!


★注目記事③
荷物預けは超大切!
ディズニーランドのロッカー事情まとめ


★注目記事④
意外と混んでる?
雨の日でも大人気!


★注目記事⑤
夕方からが勝負!
ちょっぴり大人なシーを満喫しませんか?


★注目記事⑥
意外と少ない?
ディズニーシーのロッカー情報まとめ


USJ人気記事


usj""

★注目記事①
チェックしよう!
USJもお子さんが遊べるとこ多いですよ♪


★注目記事②
超大切!
ベビーカーを守るのはあなた自身です!


★注目記事③
安くてなんぼ!
駐車場代って意外と大きいですよねぇ!


★注目記事④
どこまでOK?
USJの持ち込み情報はここ!


ハワイ人気記事


hawaii""

★注目記事①
人気のオプショナルツアー「天国の海」
忘れ物が無いように持ち物チェックを!


★注目記事②
芸術的ウォールアート!
インスタ映え間違いなしな激熱スポット!


★注目記事③
子供でもしっかり楽しめる!
子連れハワイのおすすめアクティビティまとめ


★注目記事④
意外と寒いことも?!
ホノルル満喫におすすめな服装をチェック!


動物園・遊園地人気記事


irumi""

★注目記事①
人気の東山動物園!
車で来る人は駐車場情報を事前にチェック!


★注目記事②
マジコワ!
最恐アトラクションを満喫するならここ!


★注目記事③
中部地方!
スチールドラゴン最強説!


★注目記事④
絶叫だけじゃない?!
雨でも十分楽しめるのがいい♪


コメントを残す

1 / 11

このページの先頭へ